Skip to content

Tags

64bit環境とパス

Posted by admin  2010-09-23 06:14 pm

64bitに移行したのはいいけど、PCが不調なのは相変わらず。
原因はマザボなんだろうけど、今は確実に買い時じゃないのでとりあえず(今月は)耐えることに。

さてー。
Windowsの64bit環境だと、それまでの32bitアプリはProgram Files (x86)にインストールされる。
普通の使い方をしていれば問題ないのだろうけど、32bitのとき開発していたプログラムとかのプロジェクトファイルのライブラリのリンク先は「Program File」内となっているのものがほとんどだったりする。
それで、プロジェクトを開くとmissingエラーが続出するから面倒。
適当なバッチとかで全部書き換えるのも考えたけど、逆に32bitのラックトップで開発するときに困る。

そんなわけでとりあえずな対策としてシンボリックリンクを使った。

>mklink /D “C:\Program Files\XXX” “C:\Program Files (x86)\XXX”

という感じで。
しかしもっとスマートな方法はないのかなぁ

From → PC

次の記事前の記事関連記事

この記事へのコメントは終了しました。