Skip to content

SiAL『インテル、はいってる』タブレット2 (Si02BF) レビュー

Posted by admin  2015-01-03 05:57 pm

明けましておめでとうございます。

おみくじは未だ引いていませんが、
元旦にヨドバシの福袋で充電できないSurface2というハズレ[1]を引きました。

ところで2014年末(12/31?)に突然発表されたIntel insideなtablet

8インチWindowsタブレット Si02BF : 株式会社シアル
http://www.sial.co.jp/Si02BF.html

こちらのグループ独占販売っていうかOEMじゃないの?的なタブレットが
KAWASAKIのビックカメラに売っているのを見つけたのでついカッとなってIYHしてみました。

DSC04990

外観・スペック

DSC04989

外観はちょっとダサイが良くある感じの平板。
注目したスペックは以下の通り。

大きさ: 8インチ
重さ: 340g
ディスプレイ: WUXGA IPS
メモリ/ストレージ: 2GB/64GB
価格: 20k

メモリ4GBあると嬉しいですが、同価格帯は1GBなので十分。
WUXGAのIPSパネルってそんなに安くないと思われますし、
中華平板探してもここまで"全部入り200USD"は多分無いんじゃないかと。

加えて保証も聞くし、電波法も遵守できるし、なんと言っても20000円なので[2]お得ですよね。

今、買いなのか?

ラインナップは少ないですがCore M搭載なラップトップも発売しており
本年はWin10やIntelの次世代Mobile向けChipsetも発表させるはず、、、
果たしてこのタイミングでこれは買いなのか、と悩みましたが

・ 設計は殆どIntelのリファレンスデザインなので(?)問題ないだろう
・ ストレージも64GBあればWin10にも更新できそう
・ Intelの投げ売りやMSのwithBing商法がいつまで続くか怪しい
・ 今後も円安が進みそう

といった理由から20kなら"いつ買うの?"的なアレだろうと思い、買いました。

あと正月だし。

用途

Windowsなので普通に何でも出来ます。
タブレットとしてのUXは最悪ですが、Androidで出来ないことが出来るのが良い感じです。
動画の再生支援も効きますので、ホームサーバーの子機には最適でした。

まさに正月向けという感じです。

ベンチマーク

CPU/GPUのベンチマークはZ3735Fのスコアなので略。
eMMC?SSD?は東芝製の064GE2でCDMのスコアは以下の通り。

キャプチャ

タブレットとしては十分なスピードなようで何より。

ドット欠け、ありました

8inch/WUXGAなので、275ppiというiPad(3gen)<これ<iPhoneというRetinaなDisplayです。
1080pの動画が非常に綺麗に見えます。

ドット掛けの1点や2点ならほぼ見えないはず、そう考えて使っていると画面下部に黒い塊を発見。

DSC04984

写真を撮ってみるとエリアで欠けてましたorz
NEXの旧標準ズームに+10のClose-upレンズ付けただけですが、画素配列まで結構きれいに撮れますね

専門家ではないので詳細はわからないのですが
こういった明らかな不具合は量産工程においては
部品を受け入れる時のチェックで弾くことができるとか聞いたことがあります。
といっても超絶廉価モデルですし、そういったチェックを怠っているのか、
あるいは中華タブレットに良くある(らしい)工場の選別落ち品を再利用しているのか、
とか考えてしまいますねー。

 

まとめ

新年早々ハズレ品を2度連続で引いてしまいました。
今年は買い物運が絶望的なようです。

しかしスペック的には十分、というかハイエンドで価格もそれほど高いものでもないので
運試しに買ってみるのはアリだと思います。

 

これ以上の不具合が発生しないことを祈りつつ。

  1. ヨドバシ曰く「特価品なので交換在庫は無いです、M$に自分で問い合わせろ」 []
  2. ヨドバシの20k福袋がVenue8proだったそうなので、そっちを選ばなくて良かったな、と。 []

From → Gadget

次の記事前の記事関連記事

この記事へのコメントは終了しました。